【イングリッシュ・エクスプレスの代表インタビュー】自分の意思を伝える力を養ってほしい。

今回は、 山梨県甲府市英語・英会話スクールEnglish Express」のジョーンズ 晃代先生がインタビューにお答えしてくださいました。

イングリッシュ・エクスプレス」の創立のきっかけや魅力など、充実した内容になっておりますので、ぜひ読んでみてくださいね!

English Express創立のきっかけ

ー なぜ、イングリッシュ・エクスプレスを創立なさったのでしょうか?

私自身、日本で英文科を卒業してからアメリカの大学に編入しましたが、当初「今まで何を勉強してきたんだろう?」という思いを抱くほど強い衝撃を受けました。

日本で学ぶ英語が外国で「通じるけど生きていない」ということを痛感させられたのもその時です。

今や世界は国境がなくなりつつあり、“国際化社会”という新しい姿に変わりつつあります。

その中で必要不可欠になるものが英語。その英語を単なるコミュニケーションツール(道具)としてとらえず、言語・文化・習慣などの様々な点から英語学習を見つめ、生きた英語の習得のお手伝いをさせていただきたいと思い主人と共に教室を開校することにしました。

使える英語”というものは文化・習慣なども理解しないと吸収できません。

なぜなら、言葉は生きているからです。文化・習慣だけでなく、時代の流れなどで言葉は姿を変え、また新しい表現が生まれていきます。

その変化を見逃さず、常に今現在使われている表現を海外の現状と合わせて日々のレッスンに取り入れています。

好奇心を生かして英語を学べる、
「テーマレッスン」を導入!

ー 他の英会話スクール・英語教室にはないこのスクールの長所や特長は何だと思いますか?

プリキンダークラス、およびキッズクラスでは「テーマレッスン」をおこなっています。

好奇心や学習能力を大いに生かして英語を学べるようにテーマを決め、2ヶ月間そのテーマに合った英語を学びます。

同時にそのテーマの知識も増やせるレッスン構成です。また小学校高学年になると、英文法クラスの受講も可能になります(中学の内容)。

ー このスクールが最も大事にしていることは何でしょうか?

潜在している力を引き出す

教える、育成する」という意味の英語に「educate」という単語があります。

語源は「能力を導き(educat)出す(e)」で、「一人一人の中に潜在している力を引き出し、理解を深める」という意味です。

私たちはこの言葉が示すとおり、“押し付けて学ばせるのではなく、一人一人の中にある力を引き出し、可能性を広げていく”お手伝いをしたいと思っています。

楽しんで英語に触れてもらう

楽しむ” - これは年齢関係なく、何かを長く学んでいくにはとても重要な点だと考えています。

無理をしていればどこかで負荷がかかります。

特に英語をはじめとする言語学習は長期に及ぶものですので、学ぶ環境・ティーチングアプローチには細心の注意を払っています。

楽しみ”を見出すことができれば、自発的に学びたいという気持ち=“意欲”に変わっていきます。

私たちは“学習意欲”の原点となる“楽しみ”をみなさんに見つけていただけるように努力しています。

ティーチング・メソッドとして、言語学習には欠かせないSpeaking(話す)、Listening(聞く)、Reading(読む)、Writing(書く)の4技能をバランスよく取り入れています。この基本技能の学習に加えて、文化や習慣などの外的要素を取り入れ、本の中に書いてあるだけの英語ではなく、今現在アメリカをはじめとする英語圏で使われている“生きた英語”を提供しています。

自分の意思を伝える力を養ってほしい。

ー このスクールの英語教育を通して、どんな力を子どもに身につけさせたいと考えておられますか?

英語でコミュニケーションができる力、自分の意思を伝えることができる力です。

他文化を知り英語を習得することは、諸外国の人々とのコミュニケーションを可能にするだけでなく、本人の将来の可能性やチャンスを大いに広げることになると思っています。

ー 高校受験や大学受験の英語の勉強としても役立ちますか?

はい。また、当教室では英文法レッスンも受講していただけます。

英文法レッスンは日本人講師が行う塾の要素が強いクラスです。自分の意見や考えを英語で書く英語表現の練習も毎回行い、新しい形の入試にも対応できる力を身につけていきます。

ー 今までのご経験を踏まえて、英語が伸びる生徒に共通する事は何でしょうか?

自分なりの目標や目的を持っていること、

英語学習に楽しみを感じること、

だと思います。

ー 今までのご経験を踏まえて、英語が伸びない生徒に共通する事は何でしょうか?

受け身の姿勢であったり、「やらされている」と感じてしまうと上達するのに時間がかかってしまいます。

ー 日本の英語教育にはどんな点が欠けていると思いますか?

実践的な英語を学習する機会、インプットしたものをアウトプットする機会が少ないと思います。

ー 日本人の英語学習者に最も欠けている能力は何だと思いますか?

スピーキングのスキル英語でのコミュニケーション・スキルだと思います。

ー 今まで英語を教えていて1番苦労した事は何でしょうか?

英語学習に対して意欲がないお子さんにモチベーションを持ってもらおうとさまざまな角度からアプローチしたときです。

楽しんで英語に触れてもらいたい。

ー 英語を生徒たちに教える際に最も大切にしていることありますか?

楽しんで英語に触れてもらう」ということです。

楽しみ”を見出すことができれば、自発的に学びたいという気持ち=“意欲”に変わっていきます。

また、一人一人の声に耳を傾けることです。

イングリッシュ・エクスプレスのクラスについて

ー どのようなクラス分けがなされているのでしょうか?

英会話レッスンは基本、年齢別になっていますが、他教室で学習歴があるお子さんや帰国子女のお子さんなどはレベル別にさせていただいております。

ー どんなコースやクラスがございますか?

クラスは以下のように分かれています。

<英会話レッスン>
プリキンダークラス: 未就学児
キッズクラス: 小学生
ジュニアクラス: 中学生
ユースクラス: 高校生
レギュラークラス: 大学生~一般大人

<英文法レッスン>
ジャンプスタートクラス: 小学生~中学生
ユース文法クラス: 高校生
文法セミプライベートクラス: 中学生~高校生

<検定試験対策レッスン>
TOEIC/TOEFL/IELTS/英検クラス

ー 各クラスの対象者やレッスン内容、大まなか流れを教えていただけますか?

以下のようになっています。

<プリキンダー&キッズクラス>(英会話)
ウォーミングアップ(ランダムに選んだフラッシュカードを見せて30秒以内にできるだけ多く答えます)
ホームワークのチェック
テーマ毎のkeyセンテンスや単語の練習
テーマに合ったアクティビティやゲーム
ストーリータイム

<ジュニア、ユース&レギュラークラス>(英会話)
ウォーミングアップ(ランダムに選んだ単語3つを使って3分間でお話を作ります)
ブックレッスン(テキストを使用したレッスン)、英字新聞やプリントを使ったレッスン
ディスカッションやディベート

<ジャンプスタート&ユース文法クラス>(英文法)
単語または熟語テスト
ホームワークの回収
預かっていたホームワークの返却・解説
単元の説明
ワークブックやプリントを使っての演習(この際、講師が個々の生徒さんの所に行って説明をします。

<文法セミプライベートクラス>(英文法)
単語または熟語テスト
ホームワークの回収
預かっていたホームワークの返却・解説
個々の目的に合った内容のプリントを使っての演習(講師が個々の生徒さんの所に行って説明をしたり質問を受けたりします)

ー このスクールの教材はどんなものを使用していらっしゃいますか?

プリキンダー&キッズクラスの英会話レッスンはオリジナルの内容で進めています。また、テーマ毎にリスニング用CDを作成しています。

ジュニア~レギュラークラスでは、InterchangeやConnectといった英会話テキストを使用しています。

英文法レッスンは、塾専用のテキストやワークブックを使用しています。

ー レッスンで、生徒同士のコミュニケーションは多いでしょうか?

コミュニケーションは多く、レッスン外でも仲良くされている方は多いと思います。

イングリッシュ・エクスプレスの先生方について

ー 各スタッフの特徴や生活を可能な範囲で教えていただけますか?

代表 ジェームス・ジョーンズ
米国イリノイ州出身。アイオワ州Grand View Universityで会計学を学ぶ。1999年に来日後は大手英会話スクールで講師として10年勤務。講師兼AT(アシスタント・トレーナー)に抜擢され、英語教育だけでなく英会話教室マネージメント、講師育成にも従事。
当教室では、英会話レッスン全て(幼児~大人)を担当。検定試験のスピーキング・リスニング対策、大学入試での英語での面接などの対策を担当。
現在、甲府市生涯学習推進事業の一環としての英会話レッスン、および山梨県国際交流協会主催の外国語講座担当。

社員 ジョーンズ 晃代
日本で英文学科卒業後、米国アイオワ州Grand View University心理学部人間行動学科に入学、卒業。その後、同州にて託児所のケースマネージャーとして勤務。1999年に帰国。翻訳スタッフとして企業に勤務後、フリーランス翻訳者になる。同時に、英語・英会話講師としても活動。長年にわたり企業や大学でのTOEICセミナーを担当した経験あり。
当教室では、英文法レッスン全て(小学生~大人)を担当。高校入試・大学入試対策および、検定試験のリーディング・ライティング対策を担当。
現在、甲府市生涯学習推進事業の一環としての英会話レッスン担当。TOEIC925点、TOEFL630点、英語教諭免許(第二種)取得。山梨日日新聞「ウィークリーニュース山梨」英語版担当。

ー レッスン形式はグループでしょうか?それともマンツーマンでしょうか?

英会話クラスについては、プリキンダー~ユースクラスはグループのみとなっています。

レギュラークラスにおいては、夜の時間帯はグループのみ10時~15時の時間帯はマンツーマンのみです。

英文法クラスは、グループまたはセミプライベートとなっております。

検定試験対策はマンツーマンのみです。

ー グループレッスンの場合1クラスの講師と生徒は何人程度でしょうか?

以下のようになっています。

<英会話>
プリキンダー~ユースクラス→ 講師1人:生徒max.5人
レギュラークラス→ 講師1人:生徒max.4人

<英文法>
ジャンプスタート&ユース文法クラス→ 講師1人:生徒max.5人
文法セミプライベートクラス(1時間レッスン)→ 講師1人:生徒max.2人
文法セミプライベートクラス(2時間レッスン)→ 講師1人:生徒max.4人

ー ハロウィンやクリスマスなどイベントはございますか?

はい。年間イベントは下記のとおりです:

3月 スピーチ発表会
4月 イースターパーティ
7月 サマーバーベキュー
10月 ハロウィンパーティ
12月 クリスマスパーティ

ー TOEICやTOEFL、英検などにも対応しておりますか?

TOEIC、TOEFL、英検、IELTSなど英語検定試験には個別に対応しています(要予約)。

リーディング、文法、ライティングは日本人講師、スピーキングとリスニングはアメリカ人講師が対応しています。

TOEFL Primaryテスト・TOEFL Juniorテストにおいては、準会場指定校になっておりますので、当教室で公開テストが受験できます

このようなご家庭にオススメ!

ー どんな悩みをもった方がよく教室にきていらっしゃいますか?

・リスニングはできるが、文字になると理解できない(←小学生に多いです)

・聞いて理解できても、すぐに英語で返せない

という方がよくいらっしゃいます。

ー どんな目標や目的をもった方に教室に来ていただきたいでしょうか?

英語を学ぶきっかけや目標・目的は一人一人違ってよいと思います。

ただ、ご本人なりの目標・目的を持ってお越しいただきたいと思います(それがないと途中で挫折しやすいので)。

ー 何歳から通うことができますか?

年少さんから通っていただけます。

ー 日本人だけでなく、外国人の子供も通っていますか?

ハーフのお子さん達が数名通っていらっしゃいます。

ー 今まで英語を教えていて一番苦労したことは何でしょうか?

英語学習に対して意欲がないお子さんにモチベーションを持ってもらおうと様々な角度からアプローチした時です。

ー 英語にまったく触れたことのない方でも大丈夫ですか?

年齢別(状況に応じてレベル別)にクラスを編成していますので、初心者の方でもお越しいただけます

ー 帰国子女にも対応していますか?

対応しております。

ー 何歳くらいの生徒が一番多いでしょうか?

英会話レッスン→ 小学生

英文法レッスン→ 中高生

となっております。

ー このスクールはどんな目的や目標をもった方にピッタリの教室ですか?

“使える、生きた英語”に直に触れ、そして吸収したいと思う方に共感していただける教室だと思います。

どんな目的や目標にも私共がご対応いたします。

ー 帰国子女は対応しておりますか?

対応しております。

ー どんな悩みを持った方に教室に来ていただきたいでしょうか?

英語の勉強方法やスキルアップの方法からバイリンガル育児についてまで、どんな悩みでもご相談いただければと思います。

生徒さんのレベルや性格などを考え、一人一人に合った方法をご紹介いたします。

英語ネイティブスピーカーである外国人講師+日本人としての英語の理解の仕方をわかっている後天的バイリンガル日本人講師がいれば全ての面から効率的に英語学習をサポートできます。

ー 本日は貴重なお時間を割いてくださり、ありがとうございました!インタビューは以上になります。

今回のインタビューをご覧になって、ご興味をお持ちになった方はこのお教室の理念やコース、授業料などの詳細をチェックしてみてくださいね!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【幼児教室ひまわりの教室長インタビュー】ゴムまりのように弾む心を育てたい!

  2. 【ゆめかな幼稚舎の生インタビュー】子どもたちの人生に生涯関わる存在でありたい。

  3. 【欣栄教育学院の代表インタビュー】右脳教育と中国語をかけ合わせた独自の教育

  4. 【西荻フレンドリースクールの教室長インタビュー】「自立した子ども」を育てたい。

  5. 【音の自由教室クレエの先生インタビュー】もっと自由に音楽を楽しんでほしい!

  6. 【KIDS ESL の教室長インタビュー】世界で生き抜ける人材を育てていきたい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。