【幼児教室ひまわりの教室長インタビュー】ゴムまりのように弾む心を育てたい!

今回は、高井戸教室深大寺教室の2つを展開する幼児教室「ひまわり」の先生がインタビューにお答えしてくださいました。

ひまわりの創立のきっかけや魅力など、充実した内容になっておりますので、ぜひ読んでみてくださいね!

ご近所さんのお子さんの受験をみたのがきっかけ

ー 貴教室を創立したきっかけを教えてください。

学生時代から近所の人に頼まれて子どもにものを教えていました。

自分が結婚し、子どもを授かり、その子どもが小学校受験の時期、近所のお友達数人から自分の子どもも勉強を見て欲しいと頼まれ、皆が合格したのがきっかけで、ご紹介のみお受けしておりました。

ゴムまりのように弾む心を育てたい

ー 貴教室が最も大事にしていることは何でしょうか?

子どもは無限の可能性を秘めていると思いますので、その子の持つものを大切にしたいと考えていますし、どんなことにも負けないゴムまりのように弾む心を育てております。

それは、一生の宝物と考えているからです。

ー 貴教室の強み・特色を教えてください。

なるべくご家庭に添えるよう、お受けできる人数は少人数にしています。

ー 貴教室が保護者や教室から選ばれる理由は何だと思いますか?

少人数のため、細かなところまで見てもらえる事一回の授業に色々な要素が含まれている事だと思います。

ー 貴教室に通うことで、お子さんが得られる力・スキルはなんですか?

「分からない、できない」からと泣いても物事は何も解決されないことに子ども自身が気づくことができます。

また、「間違っていたらやり直せば良い」 「出来なければ練習すれば良い」という前向きな心や苦手なものがあっても逃げない強い心が育つと思います。

コツコツ頑張れる忍耐力のあるお子さんは伸びる!

ー 今までのご経験を踏まえて、伸びるお子さんに共通する事は何でしょうか?

色々なことに興味を持ち、コツコツ頑張れる忍耐力のあるお子さまです。

逆に、落ち着きが無く、忍耐力のないお子さまは、そのままだとなかなか伸びません。

ー 今までのご経験を踏まえて、伸びるお子さんのご家庭・保護者に共通する事は何でしょうか?

子どもの目線に立って(甘やかすのではなく)、1つ1つ理解できるように、または、興味を持つように働きかけ、子どもの質問を面倒がらずに答えていらっしゃるご家庭のお子さんは伸びやすいです。

ー 今までのご経験を踏まえて、伸びないお子さんのご家庭・保護者に共通する事は何でしょうか?

騒ぐ子どもを静かにさせるために言って聞かせるのではなく、飴やお菓子を食べさせたり、ゲンコツで静かにさせます。

そのようなご家庭はなかなか成果がでません。

また、そういったご家庭は子どもが取り組んでいるそばから口や手を出して親が先回りしてしまいます。

ー 日本の幼児教育にはどんな点が欠けていると思いますか?

お仕事をお持ちでお忙しいご家庭がほとんどと思いますので、「お子様ができるようになるまで待つ」ということが難しいのかなと思います。

ー 今までの指導で一番苦労したことは何ですか?

自分がわからなかったり、できない時、泣き叫んだり、ハサミを投げたり、お友達に噛みついたり、机や椅子をひっくり返されたりしたときに、そのお子さまやお友達がケガをしないように、感情を落ち着かせながら授業を進めていくのが大変でした。

また、家庭学習をしてくださらないのに難関校を口にされるご家庭がお見えになられた時はどうやってお話をご理解していただこうか困ったときもありました。

ー 「指導者でよかった」と感じる瞬間はどんなときですか?

お子様ができなかったことが1つずつできるようになり、得意になって「簡単」と自慢げに笑顔を見せるようになったときですね!

また、小学校に入ってお友達の中でしっかりしていると聞いたときや志望大学合格のお知らせをいただいたときも、この仕事をやっていてよかったなと思います。

国内外のさまざまな知育道具を活用!

ー グループレッスンの他に個別レッスンもありますか?

はい、対応しています。

個別レッスンでは、生徒さんが希望されたらお受けできる日時をその都度相談しながら決めています。

希望される方は、お子様の苦手な教科の克服や、お母様がお仕事をお持ちで勉強を見る時間が取れないなどの理由です。

ー 1クラスのお子さんの人数と講師の人数を教えてください。

生徒4〜5人に対して講師1人が対応します。

ー 各コース・クラスの対象者やレッスン内容、大まなか流れを教えていただけますか?

以下のようになっています。

<幼稚園受験コース>
対象:未就園児
幼稚園受験では普段の立ち居振る舞いすべてが試験科目になります。まずは「あいさつ」がきちんとできること。会話、表情、姿勢、集中力、そして「お片付け」。これらすべて受験生がみな同じような反応では、まるでロボットになってしまいます。当教室では基本的にお子様の個性をそこなわず合格へ近づけていきます。

<小学校受験コース>
対象:年少・年中・年長
全学年、ペーパー、巧緻性など受験に必要な課題を徹底的に訓練し、常に満点となるように仕上げていきます。もちろん、具体物を使った知育遊び、工作や絵画にも重きを置き、見当をつける力、注意力、観察力、立体的思考能力、表現力を高めます

<受験しないコース>
受験の有無に関わらず、全てのお子様向けに受験勉強(ペーパー、造形、巧緻性など)とほぼ同じ内容を学習したり、外に出て山登りや川遊びなど冒険を楽しんだり、野菜の収穫や料理などの体験型学習も行なっております。

<入学後対象小学生学習塾>
対象:小学生
小学校受験の有無にかかわらず、小学生のお子様向けの授業です。幼児教室ひまわりの近くの私立国立公立の小学校の授業内容をサポートします。

<その他個別指導>
対象:未就園児または年少・年中・年長
⑴忙しいママの為の個別コース
ママの都合に合わせた時間調整、お子様の様子に合わせて月1~2回のレッスンなど、受講内容など柔軟に対応しております。
⑵苦手科目克服対策
当教室は通常レッスンの他に、上にあげた「工作」、「絵画」、「ペーパー」、「行動観察」、「巧緻性」などの弱点克服を目的とした苦手科目集中講座があります。大手幼児教室などにすでに通われている方でも対応可能です。

ー 貴教室ではどんな教材はどんなものを使用していらっしゃいますか?

ペーパーはもちろん、パズル、タングラム、海外からも仕入れたたくさんの知育道具を使います。

これらを使った授業では子ども達の目が輝きます。

国内海外にはとらわれず、いいと思われる知育玩具(対象は0歳児から15歳児まで)をたくさん取り揃えております。

ここでは一部の紹介しかできませんが、生徒達は目を輝かせて挑戦しています。

ー 学生や主婦のアルバイトのスタッフが採用していますか?

はい。

小学生の補習クラスは、主婦といっても教員や、塾講師をされていた方にお願いしています。

ー 主なスタッフのプロフィールや特徴を可能な範囲で教えてください。

教員免許を持っています。

私立小学校の近くにあるため、内部進学の試験に向けた補習授業を行なっています。

ー ハロウィンやクリスマスなどイベントはございますか?

受験塾のためありませんが、夏休みに二回、1日お預かりをし、お勉強はもちろんですが、自分達のお昼ご飯を作ったり、契約農家で農作物の収穫や、果物の収穫、川遊び、山遊び、などをおこなっています。

このようなご家庭にオススメ!

ー どんな目的やお悩みをお持ちのご家庭がよく教室にきていらっしゃいますか?

大手に行ったものの、ついていけないというご家庭内気で多人数での対応が厳しい方がいらしゃっています。

ー 貴教室は、どんな目的を持ったご家庭やお子さんに合いますか?

幼稚園受験、小学校受験を目指しており、必ず合格したいという強い思いがあるご家庭、それからすでに私立の小学校に入学されておりその学校の補習塾をお探しの方にピッタリだと思います。また、引っ込み思案なお子様や元気過ぎるお子様もお任せください。

ー 何歳くらいの生徒が一番多いでしょうか?

5歳の年長さんが多いです。

教室には2〜3歳から通うことができます。

ー どんな目標や目的をもった方に教室に来ていただきたいでしょうか?

【受験クラス】には当たり前のこと(ご挨拶、お返事、ドアの開け閉め、話を聞ける等)ができる方にお越しいただきたいです。

【受験しないクラス】には親子で楽しく過ごせる方なら大歓迎です。

【補習クラス】は勉強の出来不出来ではなく、一生懸命、取り組もうとするお子様にお越しいただきたいです。

ー インタビューは以上になります。大変貴重なお時間を咲いてくださり、誠にありがとうございました。

このインタビューをご覧になって、ご興味をお持ちになった方はこのお教室の理念やコース、授業料などの詳細をチェックしてみてくださいね!

お教室の詳細はこちら

また、インスタグラムもやっているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【B.Bgardenの教室長インタビュー】「英語を好きになるはじめの一歩」になってほしい

  2. 【ヘレナ英会話スクールの代表インタビュー】42年以上の歴史ある英会話スクール

  3. 【トリッピーキッズの代表インタビュー】選択をさせてることで「自立」した人間を育てたい。

  4. 【イングリッシュ・エクスプレスの代表インタビュー】自分の意思を伝える力を養ってほしい。

  5. 【絵画教室おえかきごやの代表インタビュー】子どもの「絵の語彙(ごい)」を増やしたい。

  6. 【アトリエとろりの教室長インタビュー】キャンパスに思い切り自分を表現してほしい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。