七田式英語教材7+BILINGUALの口コミ・評価、具体的な活用法

今回は、子どもの英語教室で講師として働く私が、子どもの英語教材「七田式英語教材7+BILINGUAL(3歳~12歳対象)」について、解説していきたいと思います。

具体的には、

●七田式英語教材7+BILINGUALの感想
●七田式英語教材7+BILINGUALの特徴
●七田式英語教材7+BILINGUALは効果
●七田式英語教材7+BILINGUALの活用方法

などについて、購入を検討している方に、できるだけ詳しく、わかりやすく、役立つようにお伝えしていければなと思います。

《七田式英語教材7+BILINGUALの基本情報》
【価格】
29,800円(税込)
(今だけのキャンペーン価格)
・送料
・代引き
・後払い手数料
すべて無料
【教材一覧】
■CD14枚
■ボーナスEnglishCD1枚
■テキスト4冊
■英文テキスト集
■イラスト集(カラー)
■使い方マニュアル
~特典~
・ENGLISH CD
・ぬりえ
【返金保障】
60日間全額返金保証

では、七田式英語教材7+BILINGUALについて、見ていきましょう!

目次

七田式英語教材7+BILINGUALの率直な感想

ここでは、英語教室で講師として働く私の率直な意見をお伝えしていきます。

七田は、幼児の右脳教育などでも有名なので、脳科学的な観点から見たときに有効な英語教材になっていると思います。

特に私が、この教材でよいと思った点は以下の4つです。

●フレーズ単位での暗記を重視している
(特によく使う厳選フレーズ)
●文法を意識しすぎていない
●「音」を大切にしている
●塗り絵など子どもが夢中になれる工夫がある

まずは、英単語だけを暗記させるのではなく、フレーズ単位での暗記を重視させているのはよい点だと思いました。

日本の英語教育では、英単語帳で単語を暗記させますが、実際にそれが実用的な学びになっているかというとそうではありません。

英語を使うときも、基本的にはフレーズや短い文であることがほとんどです。

この点をふまえると、単語だけでなく、フレーズを重視している点は良いです。

また、「文法を意識しすぎていない」という点もポイントです。

日本は、英語を話せない人は多いですが、他国にくらべて、高度な文法を勉強しているされています。

しかし、これが逆に裏目にでて、文法的に正しく話そうとしてしまい、かえって英語が口から出てきません。

その点、七田の今回の教材は文法を重視しすぎていないため、子どもが英語嫌いになることを防ぎ、やり方によっては楽しく勉強することができます。

また、ぬり絵などがついているので、子どもを集中させる上では効果的です。

ただ、ぬり絵だけに没頭してしまうと意味がないので、しっかりと英語を学びながら、ぬりえを活用していくことが大切です。

また、七田は脳教育を重視していることもあり、英語の「音」を重視する教材になっています。

脳科学の点からみると、子どもの言語の臨界期(学ぶに最適な時期)は6~9歳まで(※)と言われていおり、この時期にきれいな発音を聞くと、そのまま発音できうと言われています。

※言語の臨界期は諸説あります。

一方で、七田の今回の教材の悪い点は以下のとおりです。

●CDを小さい子どもが聞けるか
●親のサポートはやっぱり必要

まずは、音を重視する教材のため、CD学習が必要ですが、小さい子どもの場合、じっとっして音を聞くのは現実問題むずかしいです。

そのため、この部分は多少工夫が必要になると思います。

また、小さい子どもの場合、ひとりで教材を黙々と進めていくのはむずかしいです。

そのため、お母さんやお父さんが、ある程度管理をしてあげたり、いっしょに勉強してあげたりすることが必要です。

また、英語を聞き取れるようになっても、それを実際に発音(アウトプット)して、練習しなければ、自分の言葉として身につけることができません。

そのため、毎日数十分でよいので、親子でも英会話タイムなどがあるほうが望ましいです。

公式サイトをみると、あたかも子どもだけで進められ、バイリンガルになれるように書いてありますが、冷静に考えてそれはできません。

また、35日で英語を話せるともありますが、それも現実問題ありえません

たしかに多少の日常会話は話せるようになりますが、それはどの子どもでも学べばできます。

本当の意味で、しっかりと英語を使えるようになるには、コツコツ継続して勉強していく必要があります。

ただ、しっかりと毎日短時間でも学習の時間を確保し、親のサポートがあれば、しっかりと英語の基本的な力や発音は身につくので、自宅学習用の教材としては優れていると思います。

公式サイトはこちら

実際に使用している人の感想

ここでは、私が働いている英語教室で実際に七田式英語教材7+BILINGUALを使ったことのある方にその感想を聞きました。

その方たちは、私が勤める英語教室に子どもを通わせているため、教育には関心の高い方々です。

七田式英語教材7+BILINGUALについて興味を持っている方の参考になれば幸いです。

ポジティブな口コミ

無理に聞かせようとしないことが大切!

囲み枠c無理に聞かせようとしないことが大切!
小さいうちから英語を聞かせて、きれいな発音になってもらいたくて購入しました。
ただ、じっと座って聞かせるのはなかなかむずかしかったので、子どもが他のおもちゃなどで遊んでいるときに部屋全体に流していました。
すると少しずつ、興味をもち、気に入ったフレーズなどは真似する形で発音するようになりました。
そこから少しずつテキストなども活用させて、今は順調に進んでいます。
最初のとっかかりがうまくいけばとても効果があると思います!

パパと楽しく学んでます!

私は英語が苦手ですが、夫が英語が多少できるので、子どもいっしょに楽しそうにやっています。
いっしょにCDを聞きながら発音したり、夫がクイズ形式で、子どもに英語の質問をしたりなどしています。
また、英会話タイムをもうけて、日本語をつかったら罰ゲームなど独自のルールをつくって楽しそうにやっています。
私だけなら使いこなせませんでしたが、夫がうまく活用して子どもの興味を引き出してくれるので、助かっています。

英語耳を鍛えるのに効果あり!

英語の音を聞き取れるようになってほしいと思い、購入しました。
意外にも最初から興味をもってくれ、時間があるときには積極的にCDを聞いているので、リスニングの力はついてきている気がします。
オンライン英会話を試しにやらせたときも、本当に基本的な会話でしたが、やりとりができていました。
まだ初めて2ヶ月くらいなので、これからもコツコツ進めていきたいと思います。

公式サイトはこちら

ネガティブな口コミ

うちの子には合わなかったです。

うちの子には合わなかったです。
よほど強い意志を持って、気長にできる方には合っていると思います。
教材がむずかしいというよりは、やはり親のサポートも多少なり必要だと思いました。

4歳時くらいの子にじっとして聞くのはむずかしい。

4歳時くらいの子にじっとして聞くのは、実際問題、結構難しいです。
男の子なので、ぬりえも興味をもたなくて…。
コツコツできるタイプであれば、効果はでると思いますが、継続しないと効果はでないと思います。

公式サイトはこちら

七田式英語教材7+BILINGUALはどんな子どもにおすすめ?

七田式英語教材7+BILINGUALは、

「6歳以下の幼児」

が主な対象となっています。

ただ、教材内容としては、7歳以上でも十分活用できるものになっています。

ここでは実際に教材をみて、

「どんな子どもにおすすか?」
「どんな目的をもった方におすすめか?」

の点からお伝えしていきます。

まず、七田式英語教材7+BILINGUALは以下のような方におすすめです。

●家で英語を勉強させたい
●英語をはやめに子どもに始めさせたい
●発達段階に合った英語教材がほしい
●毎月英語教室の月謝を払えない
●英語の基本的な力(基礎力)をつけたい
●子どもにきれいな発音を身につけてほしい
●英語教室に今から通わせるのは不安…

上で挙げた特徴に多く当てはまる方ほど、向いています。

逆に、以下の点がネックになります。

●親のサポートが必要
(最初は子ども一人ではむずかしい)
●親に少しの英語力があることが望ましい
●継続しないと効果が出ない
●CD学習などは工夫が必要

やはり、一番のポイントは

 

●親がサポートできるか

●CDなど工夫して聞かせることができるか

 

です。

ぬり絵などを活用しながら、子どもの集中力を高め、英語学習をできるかで、効果が変わってきます。

教材の質はよいですが、このあたりの点をしっかりとクリアできないと効果は出ません。

そのため、

「教材をただやらせればいい」

という考えはもたないようにしましょう。

公式サイトはこちら

七田式英語教材7+BILINGUALで子どもに身につく効果

ここでは、七田式英語教材7+BILINGUALを使って継続して英語学習をすることによって、身につく力について、ご紹介します。

七田式英語教材7+BILINGUALを正しく活用することができれば、以下の4つをしっかりと鍛えることができます。

●日常生活で使う基本的なフレーズ
●ネイティブの発音を聞き取る力
●ネイティブに近い発音

では、それぞれについて、もう少し詳しくてみていきましょう。

日常生活で使う基本的なフレーズ

まずは、日常会話でよく使うフレーズを覚えることができます。

結局、英語がすっと口から出てくるということは、ある程度、頭のなかに英語のフレーズが入っているということです。

例えば、

「My name is~」

「Nice to meet you.」

などは、考えなくてもすぐに口から出てくると思います。

それといっしょで、七田の教材にある「日常生活で使う厳選フレーズ」を繰り返し聞いて、口に出して言う練習をすれば、自然とすっと出てくるようになります。

また、この学習方法は、お子さんがこれから英語を勉強する上での1つの方法になるので、小さいうちから、その習慣を身につけておくことは、その後のことを考えてもプラスの影響があります。

ネイティブの発音を聞き取る力

七田の教材は、先ほどもお伝えしたように、「音」を重視した教材になっています。

そのため、しっかりとCDを活用して、英語を聞く習慣を身につけることができれば、ネイティブの発音を聞き分ける力が身につきます。

よく言われる、「L」と「R」のちがいや、2単語がつながった場合に発音が変化するもの(チャンク)なども、しっかりと聞き分けらるようになります。

また、英語を学ぶのに最適な時期である「臨界期」を終えてしまうと、ネイティブの発音を簡単に聞き分けるたり、聞き取ったりすることはむずかしくなります。

そのため、幼児期ならではの特徴を活かした学習メソッドになります。

ネイティブに近い発音

これも臨界期が関係しています。

ある程度、脳が成長してしまうと、ネイティブの発音を聞いて、そのまま同じように発音することはむずかしくなります。

でも、臨界期の子どもであれば、ネイティブの発音を聞いて、そのまま素直に発音することができます。

私も幼児に英語を教えていて、これを目の当たりにしたときは衝撃でした。

私自身、今は英語教室で講師として働いていますが、英語をはじめたのは中学生からだったので…。

とにかく幼児期は英語を学ぶのに最適な時期です。

よく、

「小さい頃から英語をやらせると、日本語がうまく離せなくなる」

と不安に思う声を聞きますが、日本に住んでいるのであれば、その心配はいりません。

海外に住んでいる場合は、たしかにその危険はありますが、日本に住んでいれば、町にでても、家にいても、基本的には日本語ベースの生活です。

そのため、毎日、一定時間の英語学習をしたからといって、日本語の発達がスムーズにいかなくなることはほぼありません。

それよりも、この時期でしか身につけられない、リスニング力やきれいな発音をしっかり体得できるように工夫することが大切です。

公式サイトはこちら

教材内容と使い方

ここでは、実際の教材内容などを確認しながら、それぞれの教材をどのように使えばいいのかについて、私なりの視点で解説していきます。

もちろん、私が以下でご紹介する使い方以外にも、活用方法はたくさんあります。

ただ、実際にどのように使えばよいかわからない方もいると思うので、子どもの英語教室で英語を教える私の視点も知りたいという方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

教材一覧

 

七田式英語教材7+BILINGUALの教材の中身は以下の内容になっています。

■CD14枚
■ボーナスEnglishCD1枚
■テキスト4冊
■英文テキスト集
■イラスト集(カラー)
■使い方マニュアル
~特典~
・ENGLISH CD
・ぬりえ

公式サイトはこちら

世界をテーマに日常会話でよく使用する表現を学習

まず気になるテキストの内容に関してです。

テキストの内容は、世界についての知識について学びながら、実生活でも使えるフレーズや表現を旅行などでの場面を用いりながら学習できます。

たとえば、

●北米の自由の女神やニューヨーク
●北欧のサンタクロースやオーロラ
●南米のサッカー

など子どもでもむずかしくなく、知的好奇心をくすぐる内容になっていると個人的には覆いました。

また、ただ英語を学ぶだけではなく、世界のことについての知識も学習できるので、複数の強化にまたがっていて、より効果的な学習ができる教材になっていると思います。

また、CDの音声とプラスして世界各国のイラスト集とぬり絵など、子どもが楽しく、集中しながら学ぶことができるしかけも豊富です。

CDだけだと、子どもは集中できないので、そのようなときにぬり絵やイラスト集を活用するとよいです。

ただ、この点からも、やはり教材を子どもに投げっぱなしでは効果的な学習はできないので、親のサポートが多少なりとも必要になります。

CDは他のあそびやおやつタイムに活用!

七田の教材で、一番活用してほしいのはCD教材です。

最初にもお伝えしたように、CDをじっと聞かせるのは元気でやんちゃな子どもにとっては至難のワザです。

でも、そうではなくて、ほかの遊びやおやつタイム、どうしてもお母さんが手が離せないときに、部屋にCDをかけてるのはGOODです。

実際に七田の今回の教材は、以下のようなステップで進めていきます。

①日本語で音声を聞く
②語で音声を聞く
③3倍速で英語音声を聞く
④CDの英語を真似してアウトプット

このサイクルをまわしていくことが大切です。

また、いきなり子どもに発音させようとすると嫌がったりします。

でも、何回も流していると、無意識のうちにリピートしたり、口ずさんだりするようになります。

そのため、根気よく、さまざまな場面で子どもの耳に届くようにCDを聞かせることも大切なのです。

この時期の子どもは、自然と音が耳に入るだけで、聞き取れるようになったり、急に発音したりします。

そのため、英語を「勉強」というふうに捉えずに、この時期は「音楽」のひとつとしての「英語」という立ち位置で考えてみるのもおすすめです。

ただ、これがお母さんお父さんにとってラクだからといって、頼りすぎてはいけません。

このCD学習はあくまでも「サブ」的な学習です。

そのため、しっかりと毎日30分~1時間はテキストやぬり絵を活用した英語学習の時間を確保して、それ以外のところで、CDによる流し学習をすることをおすすめします。

公式サイトはこちら

今ならキャンペーンで7大特典プレゼント!

現在、キャンペーン中で29,800円になっているだけでなく、7大特典がついているようです。

この部分は公式サイトでも確認できるので、読み飛ばしても大丈夫です。

全フレーズかけ流しCD

朝食の時間や、夕飯やお風呂などの決まった時間に毎日流せる「全フレーズかけ流しCD」がプレゼントされます。

可愛らしいキャラクターのナレーション、楽しいBGMや効果音が子どもが気に入りやすいので、自分からこのCDを聴きたがるようになっていきます。

全イラストぬりえ集

7+BILINGUALは、かわいいキャラクターと一緒に世界中を旅するストーリーになっています。

また、その冒険世界とストーリーを楽しめるように、「7+BILINGUAL 全イラスト ぬり絵集(全35日分)」が無料でプレゼントされます。

ぬり絵は以下のような効果もあると言われています。

子供の脳が活性化する
運筆能力が劇的にアップする
色彩感覚が養われる
集中できる子供に育つ
自己肯定感を高めることができる

そのため、英語学習に活用することで、より効果が見込めます。

七田式『できる子をつくる親の35の知恵』

七田式でお子さんを賢く育てている親がしている習慣を、ニュースレターにしてお届けする「七田式『できる子をつくる親の35の知恵』」も特典としてつきます。

実は幼少期の学習は、「親の関わり方」が重要であることはさまざまな研究で示唆されています。

そのため、子どもの英語力をよりアップさせるために、お母さんやお父さんがやるべきことをしっかりと学ぶことができます。

スギーズJr.先生の特別セミナー動画

Amazonで5部門(※)1位を獲得したカリスマ英語発音講師、スギーズJr.先生の特別セミナー動画を、今だけ無料で全員にプレゼントされます。

※5部門
「英語ランキング1位」
「英会話ランキング1位」
「英語よみものランキング1位」
「語学・辞事典・年鑑ランキング1位」
「人気度ランキング1位」)

この特別セミナー映像では、お子さんがバイリンガルになるためのヒントが隠されています。

7+BILINGUAL全英単語集

7+BILINGAULに収録された全ての英単語を詳しく解説した「7+BILINGUAL全英単語集」が無料でプレゼントされます。

単語の意味や用法について詳しく解説していますので、この英単語集を利用すれば、子どもに英単語の意味などを質問されたときに、英語が苦手なお父さんお母さんでもすぐに答えられます。

子ども Skype 英会話レッスン<25分×5回分>

7+BILINGUALで身につけた内容を、お子さまが英語のネイティブ・スピーカーと直接会話して試すことができる 「オンライン英会話 無料レッスン」がプレゼントされます。

この英会話レッスンでは、お子さんが7+BILINGUALで身につけた内容を、 そっくりそのまま英語のネイティブ・スピーカーと話して楽しく会話レッスンすることができます。

【無制限】「七田式」専門スタッフの電話相談チケット

「7+BILINGUAL」を聴かせて実践していく上で、英語学習に関しての疑問や悩みが出てくることと思います。

そのときに、「七田式」専門スタッフに相談できる権利を得ることができます。

英語学習と子育てのプロである「七田式」の専門スタッフが、ご相談に真剣に向き合い、
問題が解決するまで懇切丁寧にアドバイスしてくれる機会があるのは貴重です。

公式サイトはこちら

七田式英語教材7+BILINGUALと他の教材のちがい

ここでは、七田式英語教材7+BILINGUALと他の教材のちがいについて、簡単に見ていきます。

では、以下の2つと比較したときのハッピーイングリッシュの特長をみていきます。

●一般的な英語教室
●他の有名英語教材

一般的な英語教室と比べると…

一般的な英語教室は以下の特徴があります。

●月謝は毎月1~2万円、年間で12~24万円
●オールイングリッシュの授業が一般的
●外国人と直接話す経験を得られる
●ネイティブに近い発音が身につく
●先生・友だちとの相性が重要
●自分から積極的に発言しないと身につかない
●週1~2回では英語がペラペラになるには足りない

これと比べたときの七田式英語教材7+BILINGUALの特徴は、以下のとおりです。

●価格は、29,800円の買い切り
●外国人とは無料オンライン英会話で話せる
●きれいな発音は身につく
●自分のペース・時間で勉強できる
●親のサポートが必要
●教材が豊富

もちろん、

●英会話スクールならでは強み

●七田式英語教材7+BILINGUALならではの強み

の2つがあります。

そのため、どの点を重視するかで、どちらが最適なのかが決まってきます。

他の有名英語教材と比べると

他の有名英語教材は以下の特徴があります。

●安いものでも7万円から、高額なもので20万円以上にも

●英語の音に慣れてリスニング力が上がる

●スピーキング練習が不足していて話せるようになるまでには至らない

これと比べたときの七田式英語教材7+BILINGUALの特徴は、以下のとおりです。

●価格は、29,800円の買い切り
●英語の耳が育つ
●イラストやぬり絵など工夫がある

⇢子どもが続けやすい
●お悩み相談サポート付き
●親の子どもへの関わり方も学べる

一般的な英語ゲーム・アプリと比べると…

一般的な英語ゲーム・アプリは以下の特徴があります。

●費用は300円~500円で安い
●ゲームなので楽しく続けられる
●アルファベットや単語を覚えられる
●クイズに答えられても英語力には結びついていない
●英会話力は身につかない

これと比べたときの七田式英語教材7+BILINGUALの特徴は、以下のとおりです。

●価格は、29,800円の買い切り
●英語の耳が育つ
●イラストやぬり絵など工夫がある

⇢子どもが続けやすい
●お悩み相談サポート付き
●親の子どもへの関わり方も学べる
●英語の基本的な力が身につく

公式サイトはこちら

よくあるQ&A

ここでは七田式英語教材7+BILINGUALについてよくあるQ&Aをご紹介しています。

ご自身が疑問に思っていることもあると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

私の子供は7歳以上だけど大丈夫?

はい、7歳以上のお子さんにも効果があります。

確かに6歳以下の幼児は「語学の天才」と呼ばれており、【バイリンガル・スイッチ】が入りやすいです。

ただ、全ての子どもがもつ「英語の才能」は、7歳になった瞬間に失われるわけではありません。

できるだけ早く英語に触れることが大切ですので、「語学の才能」が残っているうちに【バイリンガル・スイッチ】を入れることが大切です。

私の子どもは集中力が無いけれど、大丈夫?

親が教材をうまく使いこなせば、大丈夫です。

「7+BILINGUAL」は退屈な英語フレーズをひたすら暗記する教材ではありません。

35日分の冒険ストーリーで構成された教材なので、内容自体はそこまで退屈なものではありません。

また、1日短時間からでも学習時間を可能な限り効率化してあります。

ぬり絵やイラスト集など、子どもが飽きないための工夫もあります。

そのため、お子さんの集中力がなくとも、親御さんがサポートすれば、コツコツ取り組むことができるようになっています。

私の子供は1日どれくらい勉強すればいいの?

あなたのお子さんのペースに合わせられます。

1日7分から取り組むことができるので、あなたのお子さんも無理なく英語にふれさせることができます。

もちろん、もっと勉強を進めたい、または、少しずつ進めたいということであれば、1日30分・1時間ぐらいCDを聴かせてあげれば、それだけでも効果は変わってきます。

日本語の理解もできていない年齢だけど、教材は使える?

はい、使えます。

「7+BILINGUAL」は、わざわざ日本語を英語に翻訳したりせず、聴いた英語をそのままインプットできる教材です。

そのため、日本語が理解できていなくても問題ありません。

また、幼児は「語学の天才」と言われおり、大人のように「日本語を英語に翻訳する」という作業をせずに、聴いた音をそのまま記憶して発音することができます。

なので、むしろ日本語がしっかり理解できていない年齢から英語を聴かせることで、自然と口から英語を話すようになっていきます

本当に私の子供が35日で英語を話せるようになるの?

35日で英語を口から出すようになります。

ただ、ペラペラになることはありません。

「7+BILINGUAL」は50万人の子供たちをバイリンガルに育てた「七田式」のノウハウを全て注ぎ込んであります。

そのため、最短で英会話をマスターするための7つのステップを実践すれば、あなたのお子さんも「英語の才能」を短期間で開花させ、自然と簡単な英語は口から出せるようになります。

公式サイトはこちら

さいごに

ここまで七田式英語教材7+BILINGUALの良い点や悪い点、活用方法などについて解説してきました。

最初にもお伝えしたように、七田式英語教材7+BILINGUALだけで、英語がペラペラになったり、ネイティブになったりするのは個人的にはむずかしいと感じています。

ただ、ネイティブのような発音や英語の基本的な力は、正しく活用すれば、必ず身につきます。

また、全額返金保証が14日間ついているので、気になる方ぜひ活用してみることをおすすめします。

また、七田では、Skypeでの無料オンラインチケットもついてくるので、これは他の教材位ない大きなポイントです。

七田式英語教材7+BILINGUALで身につけた英語のフレーズを実際にオンライン英会話で実践練習をすることで、より「使える英語力」がお子さんに身につきます。

公式サイトはこちら

関連記事

  1. 【英語教室の講師が教える!】子どもの英語教室のまちがえない選び方

  2. 【英語は幼児期から学ぶべき!】幼児の英語学習の効果や意味、メリット

  3. 日本の子どもにフォニックスはNG!?その効果はやデメリットは?

  4. 【幼児の英語教育は弊害なし!】早期の英語教育と日本語の発達の関係

  5. 【子どもの英語教材】ハッピーイングリッシュの口コミ・評価、活用法

  6. 【子どもの英語はいつから?】英語教育の臨界期と始める年齢を解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。