【メイプルイングリッシュアカデミーの代表インタビュー】英語の本質を感じ取ってもらいたい

今回は、神奈川県小田原市に位置するメイプルイングリッシュアカデミーの代表である遠藤先生がインタビューにお答えしてくださいました。

メイプルイングリッシュアカデミー創立のきっかけ魅力など、充実した内容になっておりますので、ぜひ読んでみてくださいね!

メイプルイングリッシュアカデミー創立のきっかけ

ー なぜ、この教室を創立なさったのでしょうか?

私が学生の頃、さまざまな習い事を経験させていただきました。

水泳教室・ペン習字教室・英会話教室。

そんな中で、継続して興味を持ち続けることができたのが英語という語学に触れることでした。

しかし、英会話教室に通えば高い教材費やレッスン費が発生し、英語を活用する環境があるかと言われればなかなか見つからず…。

そんな想いから、できる限り高い費用がかかることなく継続した英語に触れる環境を、教室内外で提供できないかと考え、現在のメイプルイングリッシュアカデミーを開講しました。

より良い環境に経験豊富な相性の合う講師が大切!

ー 他の英会話スクール・英語教室にはないこの教室の長所や特長は何だと思いますか?

まず一つが、完全外国人講師を採用していることです。

せっかく英語を学ぶのであれば、英語の本質を感じ取ってもらいたいと願っております。

英語一つひとつに込められた由来日本語との認識の違いなどを海外の文化と共に発信するためには、日本人以外の講師から学ぶことは多いと感じております。

もう一つが、教材費にお金をかけないことです。

実際に入室をしたからには、継続して学ぶことによって英語脳が構築されていきます。

しかし、そんななか問題になるのが金銭面です。

やはり、タダでは入室できないので、毎月の月謝もしくは、一括したレッスン費をお支払いするリスクを強いられます。

さらには継続した教材の購入です。

私も英会話スクールに通った経験の中で、入室してから何度か教材を購入したり、DVD+CDを購入する場がある中で決して安い費用ではなかったと記憶しています。

メイプルでも同様に月謝は発生してしまいますが、

なんとかして支払いコストを抑えることができないか

考えた箇所が教材費です。

メイプルイングリッシュアカデミーでは、高い教材費は絶対に請求せず限られた教材限られた音源レッスンやhomeworkをしていただきます。

つまり、高い教材を使用すれば英語を話せるようになるのではなく、より良い環境に経験豊富な相性の合う講師が大切だと考えています。

英語を伸ばすには”積極性”が大切。

ー 今までのご経験を踏まえて、英語が伸びる生徒に共通する事は何でしょうか?

英会話力の伸び率積極性=コミュニケーション力が高いことが共通して言えると感じています。

ー 今までのご経験を踏まえて、英語が伸びない生徒に共通する事は何でしょうか?

消極的で、さまざまな環境に足をのばしてみることをためらってしまうことが共通するといえます。

ー 日本の英語教育にはどんな点が欠けていると思いますか?

現在の日本の英語教育において議論されている英語をツールとする環境が少なすぎることだと思います。

ー 日本人の英語学習者に最も欠けている能力は何だと思いますか?

積極性です。

間違ってでも英語で話す積極性環境が必要だと思います。

ー 今まで英語を教えていて一番苦労したことは何でしょうか?

イヤイヤ期を迎えるお子さんの中で感情のコントロールに個人差があり、レッスンに参加してもらえない時間が続いたことは、
より良いレッスンをと提供しようと心掛けている中でも四苦八苦しています。

しかし、決して否定をせず子供の気持ちを尊重し、スムーズに誘導できるよう取り組んでいます。

ー 英語を生徒たちに教える際に最も大切にしていることありますか?

英語は日本語を話す事と同じくらい日常的な物で、会話をすることは楽しいことという意識を持たせながらレッスンをしています。

メイプルイングリッシュのレッスンについて

ー では、この教室ではどんな教材を使用していらっしゃいますか?

私どもはオックスフォード大学出版局のテキストを主に採用して、授業を進めています。

生徒同士のコミュニケーションが活発!

ー レッスンで、生徒同士のコミュニケーションは多いでしょうか?

とても多いです。

レッスン中もペアになったり全員でのアクティビティが多いので、必然的にコミュニケーションをとるようになります。

ー 各スタッフの特徴や生活を可能な範囲で教えていただけますか?

講師は完全外国人講師となっており、すでに日本で結婚をして、住んでいる先生がほとんどです。

また、日本人スタッフも常にいるため、チームティーチングとしてレッスンに参加をすることもあります。

ー レッスン形式はグループでしょうか?それともマンツーマンでしょうか?

グループレッスン、マンツーマンレッスン共におこなっています。

ー グループレッスンの場合1クラスの講師と生徒は何人程度でしょうか?

講師1名(※)に対して、生徒は最大6名になります。

※チームティーチングとして日本人スタッフ1名参加することもあります。

ー 高校入試ではスピーキングが導入されますが、この教室のクラスではスピーキングに対応しておりますか?

スピーキングにも対応しております。

また、作文を作成しスピーチしてもらう場面もあり、発音などもチェックをしていきます。

ー ハロウィンやクリスマスなどイベントはございますか?

はい、「ピクニックイベント」「ハロウィンイベント」「クリスマスイベント」など毎年さまざまなイベントを行っております。

フレキシブルな精神を磨いてほしい。

ー この教室の英語教育を通して、どんな力を子どもに身につけさせたいと考えておられますか?

英語はあくまでも一つのツールにすぎません。

しかし、その英語を通じて、さまざまな異文化交流を図り、コミュニケーションをとることによって日本の素晴らしさを伝えたり、海外の素晴らしさを感じ取るフレキシブルな精神を磨いてほしいと感じております。

ー 高校受験や大学受験の英語の勉強としても役立ちますか?

大いに役立つと考えています。

今までの高校・大学受験では主に2技能(聞く・読む)を採用していました。

しかし、2020年から4技能(聞く・読む・話す・書く)へとシフトしていきます。

日本国内における英語教育をみても、今後英会話が必要不可欠となるのです。

このようなご家庭にオススメ!

ー どんな悩みをもった方がよく教室にきていらっしゃいますか?

英会話を学ぶ上で、

どのように学んでいいのかわからない

といった導入方法を探しにお問い合わせいただくことが多いです。

その他、帰国されて間もない状況で、英語能力向上を求めてお越しいただくことも多々あります。

ー どんな目標や目的をもった方に教室に来ていただきたいでしょうか?

主に頂いた目標・目的としては以下の通りです。

・楽しく英語に触れる環境がほしい
・将来、英語を使って活躍したい(してほしい)
・将来の受験に役立てたい
・現在の英語力を維持したい・向上したい

ー 日本人だけでなく、外国人の子供も通っていますか?

現在、外国人の子供は通っていませんが、帰国子女はいますので日本語より英語の方が上手ななお子さんは通っています。

ー 何歳くらいの生徒が一番多いでしょうか?

3才~6才が一番多く入室しています。

ー TOEICやTOEFL、英検などにも対応しておりますか?

試験対策コースを開講しています。

ー 何歳から通うことができますか?

1才より入室可能になります。

ー 英語にまったく触れたことのない方でも大丈夫ですか?

全く問題ありません。

むしろ触れていない方の方が、英語の楽しさを知るきっかけを提供できると自負しています。

ー 帰国子女にも対応していますか?

帰国子女クラスを設けています。

現在はマンツーマンレッスンを希望しているお子さんが多いですが、クラスも随時開講しています。

ー この教室はどんな目的や目標をもった方にピッタリの教室ですか?

英語を楽しく学びたいお子さん、そして英語をツールに異文化交流を深めたり、コミュニケーション力向上を図りたい方にはぴったりです。

ー どんな悩みを持った方に教室に来ていただきたいでしょうか?

どうやったら英語と楽しく向き合えるのか悩んでいる方は是非お越しいただければ、英語に触れることが楽しいことだと理解したうえでレッスンさせていただきます。

ー 以上になります。お忙しい中、インタビューにご協力いただき、誠にありがとうございました。

このインタビューをご覧になって、ご興味をお持ちになった方はこのお教室の理念やコース授業料などの詳細をチェックしてみてくださいね!

お教室の詳細はこちら

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【イングリッシュ・エクスプレスの代表インタビュー】自分の意思を伝える力を養ってほしい。

  2. 【インターナショナルキッズアカデミーのインタビュー】真の国際人を育てたい。

  3. 【アトリエとろりの教室長インタビュー】キャンパスに思い切り自分を表現してほしい。

  4. 【絵画教室おえかきごやの代表インタビュー】子どもの「絵の語彙(ごい)」を増やしたい。

  5. 【KIDS ESL の教室長インタビュー】世界で生き抜ける人材を育てていきたい。

  6. 【MJ KIDS CREATIONの代表インタビュー】子どもの”知能の器”を広げる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。